2018年6月17日(日)バンカチャオ

午前中はずっと雨で今日はどこにも出かけられないかなと思ったら、午後雨は上がった。

というわけでバンナー駅へ。BITECへのスカイウィオークが開通して嬉しい。

バンナー駅近くの大きなお寺。

そのお寺の入り口からバイタクに乗ること20バーツ。

船着き場到着。

バイクと一緒に乗り込む。

出航。

チャオプラヤ河岸は意外にも工業地帯。

バンカチャオ到着。バンカチャオ、バンガジャオ、バンクラチャオ、カタカナ表記はさまざま。

船着き場脇には大きなお寺がある。

左手に歩いて行く。

チャオプラヤに注ぎ込む中州の小川。

そしてその先はただもう緑。

郵便受けが据え付けられているこの先には民家があるんだろうか。

BANGKOK TREE HOUSEの方へ。

畑作の気配がする。

少し先まで行ってみた。レストランが数軒あった。


でも人通りが少なくて心細いのでここで引き返す。

砂運びの船が見えた。

わんわんがいる。

この船は陸上と同じように、人の暮らしがそこにある。

さて、結局BANGKOK TREE HOUSEに戻ってきた。

控え目に端っこの2人用席へ。

グラスに水が凍らせてある。

ここにくるといつもタイらしいものを求めてしまう。最初にここにきた時以来の、グリーンカレーのスパゲティ。

何か川魚を揚げたのが載っているのだ。

お店のわんわんが来た。

スタッフさんと違って尻尾は振ってくれない。でも、必ず私の脚に触れる位置にどてっとお座りするのだ。

離れてはまた脇を通り過ぎていく。

ささやかにタイ語の勉強。スムージー。なんだったかなこれ・・・。

たぶんマナオか何か。

もう5時近い。雲が取れて青空に。

上の階へ。

空を映すテーブル。

今度は川の方へ。

ちょっとマングローブっぽい。

火力発電所かな。そして渡し舟。

BANGKOK TREE HOUSEを後にする。

カサカサと音がして、リスがいた。

船着き場近くまで来たら、少年たちが泥の干潟で遊んでいる!

土地神様がこれでもかと。

地元民用なのか小さな桟橋に来たら子供たちの様子がよく見えた。


なんだか涙が出そう。

渡し場へ来て、船に乗る。

大きな船が通過したら波が起きて、水が船の中にまで入ってきて足に掛かってしまった。

さっきの子供たちが見えた。

砂運びバージの生活感。

わんわんも暮らし、洗濯ものが吊るされている。

船着き場に住み込みわんわん。

タンブン盛んな大きなお寺。

船着き場の船を繋げる係りの人がわんわんをわやくちゃに撫でていた。

混んでるクイティアオルア屋はもう閉まっていた。

またバイタクで帰る。

BTSを降りて「和成豊」のディムサム屋さんで軽い夕飯。

カイケ

ランブータンも1kg買って帰った。
ム(塩卵)美味しい。

バンコクじゃらんじゃらん の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください