2018年7月1日(日)プラカノン運河とイアムソンバット市場

郵便受けに預り票が入っていたので事務所に行ったらこんなのを渡されてしまった。

ROPのイオンカードを作ったオマケ。

うーむ、大きい・・・。

正直いらないけれど、スペアになるかも、引っ越しの時役に立つかもという貧乏心が働いて未だに捨てられない。

さて、昨日エムクオーティエに来た時、今日からROP25周年記念イベントが2日間の予定で行われるというのを見掛けたので来てみた。

凄い人。

おトクなチケットあるんだろうか。次日本に帰るチケットを、マイルで取れたりするんだろうか。とりあえず番号札を・・・と思ったらゴールドメンバーのキューは別枠だった。

一応ラウンジと称する待合室あり。

でも順番待ちは相当長そうで、時間がもったいないのでやめてしまった。

TGにまつわるブースが並んでいる。

グッズショップでパスポートやEチケットを入れるのに良さげなジップつきの・・・なんていうんだろう?を買った。

大混雑のフロアと後にする。

プラカノン下車。郵便局がW杯仕様。何かW杯にまつわるものを店頭販売していたらしい。なんだったかな。賭けの対象にもなってたとか聞いた。

お供えをついばむハト。

この先プラカノン市場近隣エリア。

猫率高くなる。

お供え。

プラカノン運河を跨ぐ橋は渡らない。

日本人街のプラカノンとオンヌットの間にぽっかり空いたローカルエリア。

何軒かのモタサイベスト専門店がこの辺にはかたまっている。

高架というか橋の下の風情は格別。やたら理容室が多い。


ところが、プラカノン運河の12時の船は出てしまったばかりで、次は14時までなかった。

諦めて引き返す。

ちょうどバスが来たので乗った。

久しぶりにバンチャークの市場でもぶらつこうと下車した。


懐かしかったけれど、バンチャークはいつでも来ようと思えばこられるじゃないか・・・。

結局プラカノンに戻ってきた。


プラカノン駅下のMカフェへ。

通り掛かるたびに気になっていた。

自分的に変わったチョイス。ヴィエンナーだけど、エスプレッソがキツめだった。

ここはタイ風のアレンジパスタが多くて楽しかったけれど、中でもソルティフィッシュとケールのパスタってのが良さげで選んだ。

ケールの容赦ない葉っぱ感と塩魚のしょっぱさが結構いけた。

さて、カフェを後にしてもう一度運河ボート乗り場へ行こう。

いつもここにいる植木屋さん。ちょっと惹かれるけれど、ウチで植物なんか置いたらきっと枯らしてしまう・・・。

いろんなお店が並んでる、お決まりの店頭ごっちゃぶりがいい。

さっきも見たにゃんこたちをまた見て歩く。

これ、なんだったんだろう。

また橋の下。

このサイコロの目はどんな意味だろう。

船に乗る前に珍しくタイティーなど買った。紅茶の煮詰まった香りが香ばしい。

優しいお母さんが日本人か、船に乗るのかと聞いてくれた。

リベンジ。そして久しぶりのプラカノン運河ボート。

本数は本当に少ない。この日現在だとプラカノン発は7時、7時半、8時、8時半、9時、10時、12時、14時、16時、18時。

出発の10分程前に、乗っとけと言われる。

出発直前には15バーツの徴収もあった。

いざ、出発。

走り始めのプラカノンは都会。

運河沿いにはお寺が多い。

多分ここはWat Tai。

お坊さんが乗船。

白鷺がいる。

右も左もただもう楽しい。

タンブンで有名らしいWat Bahabut。

あっちには別の水路が。道路みたい。

毎回魚の仕掛けかなぁと思いつつ確かめたことはない何か。

廟のようだ。

運河沿いにもバイタクがいる。

交差点みたいだ。

前方に巨大なお寺Wat Yang。


王室ゆかりのお寺らしい。壁面にそう書いてある。

その向かいで久々に乗船客が。

対岸までの渡し船かな?それともボートタクシーかな?

Wat Yangはまだ続いていた。

Wat Yangの先のところで船なのか船の中で何かなのか、洗剤で洗っている人がいて、泡が下流に大量に流れだしていた。

大きな塔はWat Thong Nai。

移動販売船。

あっち行くとHua Mak方面らしい。

こちらはゴミ収集船。ちゃんとインフラがあるんだなあ。

売店。

わんわんのお散歩。

またお寺が。

今この辺。

「Khlet」と書いてあった。地図を辿っていくとオンヌットの方まで行けそうだった。

見えてきたよ、モスク・・・。

Al-Kubaro Mosque。

この運河の楽しみは美しいモスクを2つ見られること。

小さな廟かな?

こちらも華人廟。仏教寺院の多いタイで、廟の存在は、日本で言えば神社みたい。

そしてもう一ヶ所、Masjid Aliatisorm。

最後のお寺Wat Khachonsiri、ここでお坊さんは下車した。私の下車する終点ももうすぐそこ。

シーナカリン通りの橋の下に到着。

さて、30分の船旅を終えた。折り返しは30分後の3時発。逃すと痛いので、30分だけ辺りを散策することにした。

でも殺風景なだけで・・・。

しかし、市場発見。

イアムソンバット市場Iam Sombat Marketというらしい。

ウェットマーケットだった。

この市場、印象深かったのはムスリムの方々が多かったこと。ここはムスリムの多いエリアらしい・・・ことはモスクもあるわけだし前回の船旅でも気づいていたけれど、ますます確信した。

食堂はもう終わってしまっていた。

おおおおおラムリーバーガー発見!!!!!


買ったよ!!・・・タイ語で注文するという不思議な感じ。

満足して船着き場に戻る。

出発10分ほど前に船に戻った。

出発前にラムリーバーガーを食べる。酸味の強いケチャップと、マヨネーズと、やたらに分厚くて辛い生玉ねぎの輪切りと・・・このチープ感がたまらないよ!!!

プラカノンに帰ります。

ちなみに帰りはいつも貸し切りとは行かない。わりとどんどん乗客が増えていく。

さっき見た光景をただただおさらいして帰るのだ。

到着。船を降りて歩道橋を渡る。

なぜ・・・。

プラカノンには戻らずオンヌットまで歩いた。

にゃんこと遊びたい子供。

ペットショップ、熱帯魚ショップが並ぶ。

警戒された。

さて、夜はKさんが新しく始めたお店へ。数日遅れの開店お祝いに。

ガーリックオイスター、以前から好物。

ここからYちゃん登場。

自家製アンチョビ、だったかな?

こだわりのチーズを2種。

本日の冷製パスタをシェア。

最後にデザートはカッサータ。

こだわりの食材と手の込んだお料理に、贅沢な気分になれるディナーがいただけます。

バンコクじゃらんじゃらん の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください