2018年9月5日(水)続々・ヤンゴンでお仕事

Ricoさんの笑顔で始まる朝。

食事の前にちょっとだけ外に出てみた。

うーん、何もないな。

ホテルに戻り、レストランでココナッツスープの麺を食べた。タイのカノムジーンに似てるっちゃ似てる。

さて、出かけます。

サイバラさんがあの服装をしていたことがあったなあ。ミャンマーの女性の僧侶さんはピンクの袈裟。

なんだろう・・・。

ここで線路を越える。いつか乗ってみたいミャンマーの鉄道、日本の車両がいっぱいだそう。

何度も見掛けた寺院だけど地図で振り返っても探せないなあ・・・。

いつも通り、川を渡る。

道路工事が結構手作業っぽいと思った。

そして、お昼。

どこかゴルフ場のレストランでランチとなった。

ここだったらしい。

ミャンマーカレーの「ヒン」。

どわー油っぽい!!ミャンマー料理のご多分に漏れず油っぽいっていうか油!!

でもインドでいうコルマカレーのような甘みがあって美味しい。

タイ人ちゃんたちは保守的にもカオクルックガピとカオマンガイ。やっぱりタイ料理が安心するらしい。

では、仕事に戻りましょう。

お仕事終わって日が暮れて。ていうかほんとに仕事しかしてないんで車窓くらいしか写真がない。

でも今まで訪れた東南アジアのどことも違い、車窓が興味深い。

暗くなってきてピントが合わない、もうすぐ午後6時。

こんなモールもあるんだね。

さて、今夜の会食はこちら。人気ステーキ店の2号店らしい。

山ほどいただいたミャンマービーフ。ちょっと固い。

こちらのお店でした。

8時頃解散し、ホテルへ帰った。

でも、これで終わってしまったら今回のヤンゴン出張本当に仕事だけ!

ってわけで、シュエダゴンパゴダに行こうとGrabを呼んだ。

あれ、スクエアになってる。

ところが、シュエダゴンパゴダとシュエダゴンパゴダロードのどこかを間違えて入力したため、全然違うところに来てしまった。あれー通り過ぎたなあと思ったけれどアプリでは正しい方向に進んでいたので、言葉もほとんど通じないし粘っていたら・・・。


おまけに渋滞にハマったのでそこで降ろしてもらった。

ここはここで大変萌える街だった。

Grabの人が、ここはチャイナタウンだと言っていた。あれは廟だ。

あの廟は「観音古廟」と書いてあった。

ここだ。

とはいえ残念ながら夜も遅いのでここでGrabを呼んだ。

ググったらシュエダゴンパゴダは24時間開いていると書いてあった。

さっきも通ったロータリー。

そして到着。ここは私にとって特別な思い出の場所だから一目再会したかったのだ。

夜も遅いけれどミャンマー人は結構お参りに来ていた。涼しくていいしね。

見えた。

暗い中にわんわんが結構いるな。

さて・・・。

外国人窓口は別なのはわかっているのだが場所がわからない。

花売りのお姉さんたちに先へ進めと言われた。

登ってっていい・・・のかなぁ・・・。

見つけた、窓口。

でももう外国人の入場時間は終わっていると言われてしまった。ズコーッ。(死語)

すごすご。

ああーでもちょっとでも見られたからいいか。


もう午後10時過ぎ。Grabを呼んでホテルへ帰った。

Avenue 64 Hotel

バンコクからミャンマー の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください