2018年10月18日(木)マンダレーへ

いつもよりほんのちょっと余裕のある朝。

空港へ。こうして裏から空港に回ってくれるドライバーさんに当たると嬉しい。

おはようございますヤックさん。

今回はPG(バンコクエアウェイズ)。TGにこだわりたい私には物足りない・・・。

出国。

天地創造さん。

ラウンジも使えないしとスタバに入る。電源もあるし・・・。

と、そこへCちゃんから電話。「PGはラウンジがあるんだよ」と。

待ってますというので行ってみるとこれがどえらく遠いでやんの。

でも確かにあった。

ちょっとした軽食だけの簡素なラウンジだった。

ライスクラッカーをいただいた。これ好き。

搭乗時刻になり、またバスで遥か彼方の格納庫付近まで運ばれる。

なぜ!?

では、いってきます。

ブティックエアライン、機内食も出る。

コーヒーははずさない。

未知の土地へ行くのは久しぶりな気がする。

そろそろ着きますよー。

到着。

今回もSim2Flyを用意している。仕事だけならローミングやWiFiがあるのだけれど、今回後ろを延泊しているのだ。

荷物を受け取るまでスムーズだったのにどうしたことかこの列は。

マンダレー国際空港は素敵なデザインだった。

駐車場で車を待つ。

「KANKO」・・・?

あまりに普通にそこにあるので一瞬脳が錯覚した。

さて、マンダレー市内へ。空港からずーーーっと単調で平坦な道が続く。

料金所的な。

大きなロータリー。

地図がシェアできないけれどここだった。

町に入った。


この後訪問先へ。

いただいたお菓子。

お仕事終えて日が暮れて。

お、線路を越えたよ。ってか線路があったよ!


相変わらずミャンマーに来るとこうして車窓撮りまくっちゃうんだよなぁ・・・自分の行動範囲の中でかなり「違う」国なんだと思う。

さて、ホテルに到着。


お部屋が無駄に広い。

では、窓の外を見てみよう。

あの円形の建物はなんだろう。地図で見るとスタジアムらしいけれど未完成なのかどうか、名前が出ない。

ホテルのすぐ前は渡るのが大変そうな交差点。

飲食店があるようだった。

ドアがついている。

開けてみるとベランダ。

会食に出掛ける。

廊下の端っこ。

ロビー。

ホテル周辺は外国人駐在さんや旅行者向けに開発された地域のようだった。

さっき車窓から見たのとは全然違うマンダレー。

会食はなんとフジレストラン!

でも、日本食屋さんが3軒しかないマンダレーで、フジはタイのそれ(ファミレス)とは違い立派な会食会場になりえるそう。確かに内装とか高級感あった。

会食終了後、午後10時過ぎ。

もう周囲を歩く気力はなく、就寝。

◆PG709 BKK-MDL
Royal Mingalar Hotel

バンコクからミャンマー の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください